logo



『犯罪』
罪を犯した者の全てが悪人ではなく、罪を犯さなかった者全てが善人ではない。

『コリーニ事件』
静謐でいて重い、わずか190ページという法廷ミステリの中に伝えるべきことがつまっている。

『禁忌』
シーラッハの作品を読むと、そこで描かれる非現実的であまりにも我々の日常からかけ離れた現象にいつも眩暈に似た衝撃を受けてしまう。ほんと目が離せない作家だね、この人は。

『カールの誕生祭』
シーラッハらしい、ブラックな大人の絵本。 この世界が気になった方は、短編集「犯罪」「罪悪」をどうぞ。

『罪悪』
「私たちは、自分たちが罪なき身ではなくなったこと、そしてそうなったからといって何も変わらないことを実感した。」登場人物たちと読者の間に、質的な違いはない

―「本が好き!」書評より

  • 犯罪
    価格:700円(税込)

  • コリーニ事件
    価格:1440円(税込)

  • 禁忌
    価格:1700円(税込)

  • カールの降誕祭
    価格:1500円(税込)

  • 罪悪
    価格:700円(税込)


東京創元社の電子書籍はコチラ